「全国燗(かん)酒コンテスト2017」(酒文化研究所主催)のお値打ちぬる燗部門で、矢野酒造(鹿島市)の「竹の園上撰」が最高金賞に選ばれた。

 竹の園上撰は、県産米を使ったなめらかな口当たりとキレの良い味わいが特徴。地元を中心に流通している普通酒で、担当者は「純米酒人気の中でまさか選ばれるとは」と受賞を驚く。

 コンテストは価格や燗づけの温度など4部門に分かれ、全国253社から779点が出品された。このうち最高金賞は38点、次点の金賞には190点が選ばれた。

 県内の金賞受賞銘柄は次の通り。

 お値打ちぬる燗部門 辛口純米酒幸姫(幸姫酒造・鹿島市)聚楽(じゅらく)太閤上撰普通酒(鳴滝酒造・唐津市)▽プレミアムぬる燗部門 特別純米酒純天山(天山酒造・小城市)東一山田錦純米酒(五町田酒造・嬉野市)

 【写真】最高金賞に輝いた「竹の園上撰」を手にする矢野酒造の矢野元英常務(前列中央)と、金賞に選ばれた県内の蔵元関係者=佐賀市の県酒造会館

このエントリーをはてなブックマークに追加