県ユニセフ協会は神埼小学校の児童32人に「水から世界を考えよう」を題材に7月13日、水の大切さを説明し、泥水(どろみず)のろ過(か)実験を行いました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加