週1回の練習に励んでいる川松広栄さん(左)=市村記念体育館

■最高齢84歳 今も週1練習

 佐賀市の「楠クラブ」は設立40年の卓球チームです。50歳から始めた人や、若い時中断してまた始めた人など、20代から80代まで22人の会員がおり、健康づくりも兼ねて毎週1回の練習に励んでいます。会長の川松広栄さんはもうすぐ84歳。現役最高年齢で、会員みんなの目標です。

 川松さんは、佐賀県で1976年に開かれた若楠国体の後、佐賀県レディース卓球連盟や佐賀新聞杯、ラージボール卓球などの立ち上げに携わりました。佐賀県卓球協会の副会長も務めています。

 「若いころ、国体に連続10回出場させていただいた。恩返しの気持ちで、佐賀県の卓球界の発展のため頑張りたい」と川松さん。パワーみなぎる姿に頭が下がります。(地域リポーター・上原和恵=佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加