色鮮やかな巨大塗り絵の前で、完成を喜ぶ参加者たち=佐賀市の佐賀バルーンミュージアム

思い思いにクレヨンで色を付けていく子供たち

 佐賀市出身のイラストレーター326(ミツル)さんと巨大塗り絵に挑戦するイベントが20日、佐賀市の佐賀バルーンミュージアムであった。県内外から親子連れ150人が参加。326さんのイラストにクレヨンで鮮やかに色を付け、縦1.2メートル、横3.6メートルの塗り絵を完成させた。

 子供たちは「次は何色にしようかな」と自由な発想で塗り絵を楽しみ、326さんのイラストにはなかったクジラや星、ハートの模様などを描き加える子も。当初は見守っていた親たちもクレヨンを手に取り、わが子と夢中になって取り組んだ。

 6カ月の娘と参加した伊万里市の野中香奈さん(30)は「久しぶりに塗り絵をして楽しかった」。福岡県から訪れた岡村彩羽ちゃん(7)は「キリンの絵を塗った。326さんに似顔絵も描いてもらってうれしかった」と話した。

 イベントは佐賀で初めてとなる326さんの原画展に合わせて開いた。たくさんの親子と触れ合った326さんは「おしゃべりしたり、教えたり、教えられたりしながら子供たちと接する機会はめったにない。一緒にお絵描きができて僕自身が一番楽しめた」と振り返った。

 完成した巨大塗り絵は夏休み期間中、同ミュージアムに展示される。

このエントリーをはてなブックマークに追加