【グラスゴー(英国)共同】バドミントンの世界選手権第4日は24日、英国のグラスゴーで各種目の3回戦が行われ、女子シングルスはリオデジャネイロ五輪銅メダルで第7シードの奥原希望(日本ユニシス)が第11シードの大堀彩(トナミ運輸)にストレート勝ちし、8強入りした。

 女子ダブルスの米元小春、田中志穂組(北都銀行)はブルガリアのペアに2-1で競り勝ち、準々決勝に進んだ。男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士(唐津市出身)組(トナミ運輸)はインドネシアのペアを下した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加