鈴木勲(右から2人目)とオマサウンドのメンバー

■ジャズの巨匠、ベーシスト

 日本ジャズ界の巨匠で現在も精力的に活動を続けるベーシスト、鈴木勲(84)がオマサウンドを率い、「鈴木勲カルテットOMASOUND2017西日本ツアー」を7月1日午後8時から、佐賀市大財のシネマテークで開く。驚異のスピード感とエネルギッシュな演奏が体感できる。

 鈴木勲は、1933年東京生まれ。56年アメリカ軍楽隊のキャンプでベースを弾く。70年にドラマーのアートブレイキーに見いだされてニューヨークへ単身渡米する。ジャズメッセンジャーズの一員として、アメリカとヨーロッパで公演を行った。セロニアス・モンク(ピアノ)をはじめ、ポール・デスモンド(アルトサックス)、エラフィッツ・ジェラルド(ボーカル)など共演は数知れない。

 ベースの他、ピアノ、ドラム、フルートなど多種の楽器をマスター。渡辺香津美(ギター)、井野信義(ベース)、益田幹夫(ピアノ)ら数多くの若手ミュージシャンを育てる。

 今ツアーでは、ギターの小山道之、アルトサックスの中山拓海、ドラムの岡田佳大を率いる。鈴木は「最高のメンバーと最高のパフォーマンスで魅了したい」と、迫力のライブに臨む。

 チケットは前売り4500円(当日は500円増し、要ワンドリンクオーダー)。学生3500円。問い合わせはシネマテーク、電話0952(28)6708。

このエントリーをはてなブックマークに追加