準々決勝・サガシキハンドレッズ-三愛ロジスティクス 相手打線を完封し、ほっとした表情を見せる三愛ロジスティクスの執行康輝(中央)=中原公園野球場

サガシキハンドレッズ(佐賀)

0000000-0

000010×-1

三愛ロジスティクス(鳥栖)

(サ)幸松-松田

(三)執行-七島

▽二塁打 七島(三)

 三愛ロジスティクスは先発執行が要所を締め、サガシキハンドレッズに完封勝ちした。

 執行は何度も得点圏に走者を背負ったが、無失点に抑えた。打っては五回、先頭七島が左中間二塁打で出塁。三塁に進み、6番副島の内野ゴロの間に生還した。

 サガシキハンドレッズは先発幸松が好投したが、1球に泣いた。

■ピンチに焦らず

 ○…三愛ロジスティクスを2年連続の4強に導いたのは、先発・執行康輝の粘りの投球だった。「いつも通り」といった雰囲気でポーカーフェースだった執行は試合後、仲間が駆け寄ると、ほっとした表情を見せた。

 0-0で迎えた四回表、中前に運ばれて2死一、三塁のピンチとなった。二盗を決められ、さらに苦しくなったが、「焦りはなかった」と執行。次の打者を三振に仕留めた。五、六回にも2死二塁とされたが、三塁を踏ませなかった。

 「最終的に点を取ってくれるのが、このチーム」(執行)。仲間も裏切らず、五回裏、この試合唯一の安打で1点を奪い守り切った。柴田秀一監督は「執行は四球なしでテンポの良い投球だった」とたたえ、「準決勝は打線に期待したい」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加