事故や災害現場の患者に小型無人機「ドローン」を使って医薬品、自動体外式除細動器(AED)などをいち早く届けたり、正確な容体把握につなげたりして救命効率を高めようと模索する動きが始まっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加