練習した英語を披露する園児ら=佐賀市のエスプラッツホール

 全国ジュニア英語スピーチコンテスト(日本LL教育センター主催)の校内大会が18日、佐賀市のエスプラッツホールで開かれた。園児から中学生まで計78人が英語のスピーチを披露して、日頃の練習の成果を競った。

 小学生の部は、英語のアルファベットを読み上げたり、体の部位を英語で紹介するスピーチを行った。中学生の部では、夢や笑顔などをテーマにした自由英作文のスピーチに挑戦。審査員が見守る中、一人ずつ壇上に上がり、堂々と発表した。

 久保泉小2年の山口丈太朗くん(7)は「大きな声で発表できるように、家で練習した。緊張したけど練習よりうまくできた」と満足した様子だった。

 参加したのは「STEP WORLD英語スクール」に通う生徒ら。小学生と中学生の上位入賞者各4人は、12月に福岡市で開かれる西日本ブロック大会に出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加