新潟の攻撃を無失点に抑えた鳥栖GK林(中央)

 鳥栖の守護神、GK林が最後まで最後方から守備陣を鼓舞、守備陣の高い集中力を保ち新潟攻撃陣をシュート3本に抑えて零封した。

 前節、磐田戦前の練習で右手を痛めた林。だが、好調なチームの雰囲気が「下を向く状況にはしたくない」と、試合では痛みをこらえながら懸命にゴールを守った。

 そんな経緯を経て迎えた新潟戦。25日にはW杯アジア最終予選に挑む日本代表にも選出され、高いモチベーションで臨んで見事に結果を出した。

 ただ、内容を求める林には今季10度目の無失点試合も不満そう。「苦戦しすぎだった。工夫しようとして自分のプレーが落ち着いていなかった」と反省した。

 28日には代表に合流するためチームを離れる。林は「自信を持ってやることが一番。その中で成長してきたい」とさらなるレベルアップを誓っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加