高齢者の指先にネイルを施す公門俊子さん(提供写真)

 佐賀市のネイルサロン「toco toco(トコトコ)」は、高齢者を対象にした自宅や介護施設への訪問ネイルを展開している。女性の美しくありたいという気持ちに応えるサービスで、心の若返りによる健康増進の効果が期待される。

 同サロンの代表である公門俊子さん(38)は、26歳の時にネイルに魅せられ、大手サロンに10年間勤務、海外での研修など経験を積み、今年4月から佐賀市若楠で営業を始めた。

 公門さんが高齢者へのネイルサービスを思いついたきっかけは、手をけがして入院中に、同じ病室の高齢女性の「いつかネイルをやってみたい」という一言。女性が抱く「美しくありたい」という不変の願いに気づき、退院後に県内では数人しかいない「福祉ネイリスト」の資格を取得した。

 月に2回ほど、小城市の介護施設や福岡の医療施設を訪問している。入所者の女性から「冥土の土産になった」「孫にきれいな指先を見せたい」と喜ばれているという。公門さんは「指先を美しくすることで、気持ちも若返る」と効果を語る。高齢者の自宅を訪問する出張ネイルもある。問い合わせは同サロン、電話080(1722)1778。

このエントリーをはてなブックマークに追加