「さくらポークバラわさび焼き(690円)」

 海鮮工房まんざいの「さくらポークバラわさび焼き(690円)」は、口に入れた瞬間ふわりと香るやさしいわさびの風味の後に、佐賀のブランド豚「さくらポーク」のうまみと甘みが広がる。

 さくらポークのやわらかさをより引き立たせるためスジをしっかり切り、表面にも切り込みを入れる。塩と酒で味を付けて炉端にかけ、強火で一気に火を通して脂を落とす。炉端から外し、余熱で火を通して練りわさびをすりこみ、仕上げに再度、火を通す。好みで塩コショウや、豚の脂を絡めて火を通し味わい深くなったわさびを添えるとさらに楽しめる。

 まんざいの水は敷地内の70メートル下からくみ上げる地下水を使用している。以前は60数年の歴史ある老舗料亭。別館を居酒屋として再開して約16年。三家本純一マネジャー(42)は「これからも地元の人に喜んでもらえれば」と、50周年の今年は料理を半額にするなどイベントを仕掛ける。ほか「和牛もつ鍋(1250円)」「佐賀牛コロッケ(280円)」、ホテルの中華レストランで腕を磨いた大将の本格中華「エビチリ(490円)」も人気。

佐賀市神野東3-9-12

17時~22時半(金・土・祝前日は23時まで)、火~金のランチは11時半~14時

月曜定休

電話 0952(30)5225

このエントリーをはてなブックマークに追加