競輪、諸橋が初制覇

 競輪の第33回共同通信社杯(G2)最終日は19日、佐賀県の武雄競輪場で決勝(2025メートル、5周)が行われ、諸橋愛(新潟)が2分54秒3(上がり11秒2)で、40歳にして特別競輪(G2以上)初制覇を果たし、優勝賞金2130万円を獲得した。

 残り1周で渡辺一成(福島)を先頭に北日本3車が先行。平原康多(埼玉)が7番手から巧みなコース取りで進出しトップに立ったが、これをマークした諸橋がゴール前できっちりと差し切った。新田祐大(福島)が3着。

 払戻金は車連単が(4)―(3)で1460円、3連単が(4)―(3)―(9)で5680円。

このエントリーをはてなブックマークに追加