佐賀県の山口祥義知事は19日の県議会で、同県を通る九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)の全線フル規格化に関し、多額の追加負担が生じることなどを理由に挙げ「現実的ではない」と述べた。「議論できる環境にない」としてきたこれまでの発言から踏み込み、反対姿勢を強めた形だ。

 長崎県寄りに位置する武雄、嬉野両市は佐賀県の負担を減らす財源分担の枠組み変更を前提に全線フル規格化を要望している。山口知事は「地元負担がなくなる見直しが行われることは考えられない。スキーム(枠組み)の見直しを国に働き掛けることは考えていない」と強調した。

 佐賀県の試算によると、新幹線と在来線を組み合わせて計画されているルート全線をフル規格にした場合、佐賀県は800億円超の追加負担が必要になる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加