神埼市神埼町竹の旧武家屋敷・鵜池邸で23日、第1回秋の祭典が開かれる。庭園で野点茶会や弦楽四重奏のコンサートが催され、屋敷の所有者で主催者の鵜池隆さん(福岡市)は「家族や夫婦でゆっくりと語り合うひとときを過ごして」と話す。

 佐賀藩神埼郡代に仕えた鵜池家。屋敷は築160年で当時の姿を残しながら保存している。伝統文化の発信につなげる狙いもあり、地元・神埼市「日の隈窯」の勝田文博さんの作陶展を開く。趣ある家屋に肥前尾崎焼の器が並ぶ。

 鵜池さんは屋敷開放の要望に応え、会員制クラブを発足した。定期的なイベントも見据え、秋の祭典はその第一弾。午後1時からお茶をふるまい、コンサートは午後3時に開演する。会員無料で一般500円。

このエントリーをはてなブックマークに追加