知的障害がある40代男性が、男女数人に大阪市内の飲食店などを連れ回され、代金の支払いとして計約1500万円を現金自動預払機(ATM)から引き出されたとして、準詐欺容疑で告訴状を奈良県警に提出していたことが1日、奈良署への取材で分かった。県警は告訴を受理し、男女の特定や被害総額などの捜査を進めている。

 奈良署によると、男性は2014年8月ごろ、JR奈良駅近くで客引きの女にスナックに誘い込まれた後、代金として約80万円をコンビニのATMで引き出すよう要求され、従った。

 その後も奈良市や大阪市内の飲食店を連れ回され、ATMで出金した計約1420万円を渡したという。昨年10月下旬、氏名不詳の男女数人を告訴した。

 男性は当時、大阪府東大阪市に住んでおり、工場で勤務していた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加