玄海原発(東松浦郡玄海町)の操業停止を九州電力などに求めている訴訟の原告団が3、4号機の再稼働の差し止めを求めた仮処分の第1回審尋が1日、佐賀地裁(立川毅裁判長)であった。九電側は申し立ての却下を求めた。

 審尋は非公開で行われた。九電側は答弁書を提出し「地震や津波などの立地条件の影響を把握した上で、安全性に問題がないことを確認しており、具体的危険性はない」と主張した。第2回審尋は4月14日に予定されている。

 申し立てをしたのは「原発なくそう!九州玄海訴訟」の原告の一部で、「安全対策が不十分で、再稼働すると住民の生命や生活など人格権が侵害される」と訴えている。別の反原発の市民団体も同様の差し止めの仮処分を申請していて、既に審尋は終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加