中小企業庁は10日午後2時から、佐賀市天神の佐賀新聞社別館内「ネットコムBB」で、「適正取引推進講習会」を開く。昨年12月に運用基準が見直された下請代金支払遅延等防止法などについて、弁護士が詳しく説明する。

 買いたたきや支払い遅延、無理な値引きなどを防止し、下請け取引の適正化を推進するのが狙い。同法の趣旨や運用基準改訂のポイント、同法が適用される場合と適用されない場合の違いなどを、事例を交えながら解説する。

 対象は製造業、卸売業、サービス業、運輸業などで下請け取引がある親事業者と下請け事業者。受講費は無料。

 希望者はウェブサイト(http://tekitori.org)から申し込む。問い合わせは同講習会事務局、電話03(6205)4560。

このエントリーをはてなブックマークに追加