県からの表彰状を受け取る横尾俊彦多久市長(右)=多久市役所

 今年4月から6月までの交通事故減少率が県内自治体の中で一番高かったとして佐賀県は24日、多久市に表彰状を贈った。

 表彰は県が進める「交通事故ワースト1からの脱却」緊急プロジェクトの一環で、多久市は直前の3カ月間と比較して、居住地別、発生地別両部門で1万人当たりの発生件数の減少率が県内でトップだった。

 横尾俊彦市長は「(受賞は)いろんな方の力添えのおかげ。多久市は子どもから高齢者まで交通安全の意識が高く、さらに交通事故の減少に協力したい」と、受賞を喜んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加