インターネット書店大手アマゾンジャパンが、出版取次大手の日本出版販売(日販)への一部既刊本の発注を6月末で取りやめることが1日、分かった。4月28日付で出版各社に通知した。日本の出版流通の中核である取次を経由せず、出版社との直接取引を進めようとする動きが加速。出版界でのアマゾンの存在感が強まりそうだ。

 中止するのは、日販に在庫のない既刊本を調達するための「日販バックオーダー発注」。新刊本や、日販に在庫がある既刊本の発注は継続するが、アマゾンで一時的に品切れの本が増えるなど、読者への影響が出る可能性もある。

 アマゾンは共同通信の1日の取材に文書で回答。「日販からの供給はベストセラーに重点を置いた典型的なオフライン小売業者(実際に店舗がある書店)向けの供給」だと指摘。多様な種類の本を少しずつ長く売るというアマゾンのビジネスモデルには「合致しない」と主張している。アマゾンにおける既刊本の在庫を充実させるために「出版社からの直接取引に移行している」とも説明した。取次大手トーハンを通じた漫画や雑誌の発注は継続するという。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加