国土交通省は29日、2017年度予算の概算要求に、九州新幹線長崎ルートで導入するフリーゲージトレイン(FGT)の技術開発費として16年度当初予算の約2倍の23億500万円を盛り込んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加