強い台風10号は29日、日本列島の南海上を北寄りに進んだ。暴風域を伴ったまま30日夕にも東北に接近し、上陸する恐れがある。局地的に猛烈な雨が降り、非常に強い風が吹くとして気象庁が土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風10号が東北の太平洋側に直接上陸すれば、1951年の統計開始以来、初めてとなる。台風10号は強い勢力を保っており、東北では平年の8月1カ月分を超える雨量になる場所がある見込み。

 全日空と日航は30日の東北や北海道を発着する計50便を欠航することを決めた。

 台風10号は29日午後9時現在、八丈島の東約350キロを時速約25キロで北東に進んだ。中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

 今は大潮の時期にあたり沿岸部では高潮にも警戒が必要。30日までに予想される波の高さは東北10メートル、北海道と関東8メートル、東海6メートル。

 東日本から北海道にかけては台風10号の接近前から湿った空気が流れ込む影響で雨脚が強まる見込み。30日午後6時までの24時間予想雨量は、多い所で東北350ミリ。30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北35メートル(50メートル)。

このエントリーをはてなブックマークに追加