佐賀県の山口祥義知事は29日、国交省と財務省に対し、有明海沿岸道路と佐賀唐津道路の早期整備に向け、来年度予算の財源確保や予算を重点配分するよう要請した。

 福岡県大牟田市から鹿島市まで約55キロを結ぶ有明海沿岸道路では、構成する大川佐賀、佐賀福富、福富鹿島の3道路について早期の全区間供用や着工へ必要な予算配分を要望した。鹿島-諫早間は、地域高規格道路としての位置付けを明確にするよう求めた。

 唐津市から佐賀市の有明海沿岸道路まで約40キロをつなぐ佐賀唐津道路では、多久-佐賀間の早期着工へ予算配分を要望した。このうち、事業主体の決まっていない小城市三日月町から佐賀市鍋島町までの区間は「国において整備を実施すること」としている。

 山口知事は鹿島、多久市、白石町の3首長と共に、田中良生国土交通副大臣や三木亨財務大臣政務官らと面談した。

このエントリーをはてなブックマークに追加