脚立にまたがって天井の扇風機や蛍光灯を点検、清掃する会員=唐津市二タ子の青葉保育園

 県電気工事業工業組合唐津支部(東島吉隆支部長、25社)の会員30人が25日、唐津市二タ子の青葉保育園を訪れ、天井の照明器具やエアコンの点検、清掃の奉仕活動を行った。=写真

 感電災害が多発しがちな夏季の電気安全使用月間にちなむ活動で、毎年、福祉施設などを巡回している。大石睦子園長は汗を流して作業する会員を見守りながら「女性が多い職場で、どうしても手が届かないところがある。大助かりです」と感謝していた。

 27日には同組合青年部会(原口勉部会長)の会員約40人が鎮西町の特別養護老人ホーム潮荘を訪れ、ボランティアで清掃、点検した。

このエントリーをはてなブックマークに追加