ギターを弾き語り、洋楽の歌詞を解説する西村旬子さん(写真左)=江北町のふれあい交流センターネイブル

 江北町の英語教師西村旬子さん(57)が、洋楽を歌いながら英語を学ぶ教室を始めた。ビートルズなど往年の名曲を練習する中で、単語や文法を習得し、歌唱力と語学能力を同時に高めている。

 西村さんは、学生時代に洋楽に魅せられ歌詞の和訳で英語を勉強した。英語教諭として24年間、県内の高校で指導した実績もある。ミュージシャンとしての顔もあり、地域のコンサートなどに出演している。

 「英語をマスターするには、歌いながら覚えることが近道」という持論をもとに教室を開いた。1曲を5回に分けて練習し、歌詞の意味を理解しながら曲をマスターすることで英語力を向上させる。将来的には、生徒たちのコンサートなども予定している。

 教室は江北町のふれあい交流センターネイブルで毎月第2、4水曜日に午後7時半から1時間半。生徒は女性限定。問い合わせは電話090(1342)8160。

このエントリーをはてなブックマークに追加