唐津市の近代図書館で開かれている特別展「日本画山脈」で、より日本画に親しんでもらおうと7月1日から関連イベントを開く。

 特別展「日本画山脈」は17日まで。画家29人が計54点の作品を展示している。1日と8日には、出展した画家が挿絵を描いた絵本を読み聞かせる。

 16日には、同展示アドバイザーを務め、京都府の美術館の野地耕一郎館長によるギャラリートークがある。同展に出品した神戸智行氏と田中武氏を交え、企画の意図や作品について解説する。同図書館学芸員による展示解説も9、17日にある。

 絵本の読み聞かせ以外は入場料500円がかかる。高校生以下無料。

 問い合わせは同館、電話0955(72)3467。

このエントリーをはてなブックマークに追加