講演で命の尊さを訴える千住さん=佐賀市のメートプラザ佐賀

 24時間態勢で自殺予防の電話相談を受け付ける「佐賀いのちの電話」が、佐賀市のメートプラザ佐賀で「チャリティーのつどい」を開いた。重い病気のため生後3日で娘を亡くした佐賀市出身の千住英正さんを講師に招き、参加者約150人が命の尊さを見つめ直した。

 千住さんは「繋(つな)ぐ命つなげる命」と題して話し、3日で生涯を閉じた娘との経験を紹介。「先立った娘から褒めてもらえる生き方をすることが目標」と話し、「知識がなくてもその人を思って寄り添うことが大切」と語った。

 昨年の県内の自殺者数は157人で、過去10年減少傾向にある。佐賀いのちの電話は電話0952(34)4343で相談を受け付けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加