佐賀市出身のピアニスト豊増昇

 この春、多久市に三つの義務教育学校(東原庠舎東部校、中央校、西渓校)が誕生しました。小学校課程と中学校課程を一貫して行う学校で、校歌はそれぞれ旧東部中、旧中央中、旧西渓中のものが受け継がれています。

 このうち、東部校の校歌を作曲したのは「ピアノの巨人」と称される佐賀市出身のピアニスト、豊増昇(1912~75)です。豊増は36年にドイツに留学、55年にウィーンで戦後日本人初のリサイタルを開き、翌年には日本人として初めてベルリン・フィルと共演するなど世界的に活躍しました。

 また教育者として、世界的指揮者小澤征爾を指揮者の道へ導き、左手のピアニストとして知られる館野泉、「夏の思い出」「めだかの学校」の作曲家中田喜直を育てるなど、現代にも多大な影響を残しています。

 旧多久東部中は1947年に東多久村立東多久中として開校、54年に多久市制施行により多久市立東部中と改称され、56年に校歌が制定されました。

 校歌の作曲が、なぜ豊増に依頼されたのかは定かではありませんが、豊増の姉の夫は多久の出身で、当時東部中は県の唱歌コンクールで優秀な成績をおさめていました。親しみやすく希望にあふれたメロディーからは、子どもたちのすこやかな成長を願う豊増の思いが伝わってきます。

 歌詞は、東多久出身で、佐佐木信綱の弟子である歌人安藤寛と、同郷の西原民平との共作によるものです。(志佐喜栄・多久市郷土資料館)

このエントリーをはてなブックマークに追加