農林水産省は30日、東日本を中心とする早場地帯19道県で栽培する2016年産米の15日時点の作柄概況を発表した。北海道や新潟県など9道県が「やや良」、秋田県や山形県など10県が「平年並み」だった。天候に恵まれ、順調に推移していると見込めるという。

 対象の19道県は15日時点で平年8割以上の水田で稲穂が出る地域で、全国の作付面積の約7割を占める。

 北海道や東北、関東の一部地域は8月下旬に発生した台風の影響を受けており、農水省は詳細を調査中としている。

 一方、穂が出る時期が早場地帯より遅い遅場地帯(沖縄県を除く27都府県)の生育状況は佐賀県などすべてで「平年並み」。佐賀県内の地区別では、松浦地区(唐津市、玄海町、伊万里市、有田町)で「やや不良」、佐賀地区は「平年並み」だった。6月は日照不足傾向だったが、その後は天候に恵まれた。

 農水省は9月下旬にも最終的な収量を予想して数値化した全国の作況指数を公表する見通しだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加