山口祥義知事に再稼働同意の撤回などを求める市民団体のメンバー(左の列)=佐賀県庁

 佐賀県の山口祥義知事が九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に同意したことについて、市民団体が2日、撤回を求めた。知事が判断の前提とした「県民理解」の解釈も質問した。

 再稼働に反対する「さよなら原発!佐賀連絡会」(豊島耕一代表)が県庁を訪れ、担当者に要求・質問書を手渡した。書面では、再稼働を容認する県民が過半数に達している客観的事実はないと指摘し、「生命・財産の問題を主観的に判断すべきではない」などと主張している。

このエントリーをはてなブックマークに追加