漫画家 掛丸翔さん

 週刊少年チャンピオンの卓球漫画「少年ラケット」作者の掛丸翔です。けやき台に実家があり、小学三年から大学卒業まで暮らしていました。

 小学生の頃には基山町の自然を体感しました。緑の多いけやき台と、それを囲む田畑と基山(きざん)。好奇心を刺激する場所には困りませんでした。

 中学・高校では卓球部に入り、この時期の経験が「少年ラケット」制作に生かされているのですが、中学生の頃に部活のメンバーで地域の卓球クラブの活動に参加したことなどは特に思い出深いです。若基小学校や基山中学校など、町内で作品内のモデルにさせてもらった風景もいくつかあります。

 基山町は、自然や伝統を残しつつ、常に新しい要素を取り入れて変化し続けている町だと思います。次の世代につながるような町づくりを期待しています。(基山町けやき台出身)

このエントリーをはてなブックマークに追加