県内の書道教室で学ぶ幼児から一般の作品が並ぶ「第44回七夕書道展」(県書道教育連盟主催)が30日、佐賀市の県立博物館で始まった。児童・生徒らの作品を中心に、筆を揮(ふる)った力作が展示されている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加