高校生のアドバイスを受けながらフラワーアレンジメントに挑戦する来場者=佐賀県庁

来場者にハンドマッサージを施す高校生

 県内の専門学科、総合学科の高校が日ごろの学習の成果を広くPRする「佐賀県高校生産業教育フェア」が26日、佐賀県庁で始まった。工業高校や農業高校など25校が出展し、来場者の関心を引いていた。27日まで。

 各校の学習内容などを県民に知ってもらうとともに、普段交流する機会が少ない他校や他学科の生徒と交流を深めようと開き、今年で2回目。「SAGAものスゴフェスタ」に併せて開いた。

 各学科の紹介をパネル展示したほか、工業高校による旋盤機械を使ったキーホルダー作りや農業高校によるフラワーアレンジメント教室、商業系学科のネイル・ハンドマッサージ、看護系学科による血圧測定など、多彩な体験コーナーが開かれた。

 このうち、フラワーアレンジメント教室では、プリザーブドフラワーを使ったアレンジに挑戦。来場者は高校生のアドバイスを受けながら、バラやアジサイなどの花を思い思いに飾り付け、出来上がるとうれしそうな笑顔を見せていた。

 県教委の担当者は「特に中学生に来てもらい、進路選択の参考にしてもらえれば」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加