スダチの皮むき作業に精を出す女性たち

 唐津市相知町はスダチの生産地です。30年以上前、農家が徳島県に研修に行き、栽培が広がりました。9月初旬、収穫期を迎え、町内の「サンフーズかじやま」では1年分のスダチの皮をむき、汁を搾って冷凍保存する作業に大忙しです。

 その作業を担うのが、83歳の西村ナツエさんを頭に、近所の10人の元気な女性たちです。普段は違う仕事をしていますが、「すだちこんにゃく」「ぽん酢」「すだち味噌(みそ)」に使うため、1日70キロ、2週間で1トン近いスダチを手作業でむきます。

 長年この作業に携わってきた人ばかり。話が弾みながらも手は休めません。さて、そろそろ3時。おやつも準備万端です。

このエントリーをはてなブックマークに追加