【3日の催し】

 佐賀城下春の骨董市(5日まで、佐賀市松原・松原神社境内)

【巡回車】4日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=上峰町役場

 ◆子宮がん・乳がん検診 13時半=上峰町役場(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【LIVE】

 ◆Shinyong(シニョン)さんインストアライブ

 (4日16時、イオンモール佐賀大和店2階フードコート横特設イベントスペース)モデル、俳優、歌手など幅広く活躍するShinyongさんが、初アルバム「Triangulum(トライアングルム)」の発売記念ライブを行う。入場無料。ライブ後、CDアルバム購入者はサイン会、写真撮影。問い合わせはタワーレコード佐賀店、電話0952(62)7301。

【講演会】

 ◆在宅医療・介護市民公開講座

 (14日13時半~15時35分、佐賀市天神のアバンセ1階ホール)佐賀医師会の枝國源一郎理事とタレントの荒木由美子氏が、在宅医療や介護の講演をする。開場13時。無料。定員300人。申し込み・問い合わせは佐賀医師会、電話0952(31)1414。

【イベント】

 ◆第10回佐賀城下楠の杜手づくり市

 (11~12日、佐賀市白山の龍造寺八幡宮)陶芸や革小物、雑貨、アクセサリー、食品など、佐賀や福岡を中心に全国から60店舗が集まり手づくり市を開く。電話0952(23)6049。

 ◆草木染め手織りじゅうたん&キリムコレクション/甲州印伝コレクション展

 (14~19日、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)基山町の東竜太郎さんが、イラン、アフガニスタンなどの遊牧民が草木染めした手織りじゅうたんやキリムなど約80点。福岡市の土井崎勉さんが皮革工芸品の一種「印伝」の財布やバッグなど約80点。電話0952(24)5556。

【展覧会】

 ◆第32回有田陶交会展

 (14~20日、有田町戸杓乙の県立九州陶磁文化館)窯元21社が集い、「有田陶交会×音楽」をテーマに、各自が思い入れのある音楽にまつわる作品を展示。有田窯業大学校のコンペ作品から、最優秀作など3人の作品も同時に並べる。問い合わせは県陶磁器工業協同組合、電話0955(42)3164。

 ◆第11回中美九州展

 (14~20日、佐賀市城内の県立博物館)佐賀県内のメンバーを中心とした中央美術協会九州支部の会員ら約20人による油彩画など約40点。東京都で開催された第68回中美展出品作がメーン。問い合わせは事務局の平方さん、電話080(1534)9741。

 ◆川野裕一郎展

 (14~26日、佐賀市天神の画廊憩ひ)東亜大学芸術学部長で国画会会員の川野さん(下関市在住)が、日常の景色や身の回りのものからイメージを膨らませ、色や形を変化させ、重ね合わせたりしながら描いた作品。電話0952(23)2353。

 ◆コレクション展

 (14日~4月2日、佐賀市松原のギャラリーシルクロ)「シベリア・シリーズ」などで知られる山口県の画家・香月泰男の絵画15点。岡村桂三郎さんなどの平面作品と合わせて計約20点。電話050(1438)0501。

 ◆田中嘉生教授・退任記念展

 (15~25日、佐賀市本庄町の佐賀大学美術館)佐賀大の染織教室で長年教鞭をとった田中嘉生さんの退官記念として開催し、これまでの業績を振り返る。城秀男が開発した“逆ろうけつ染め”の技法を探求し、2度の日展特選に輝いた仕事ぶりや、大胆な構成と繊細な線で構築される染色の美の世界を紹介。電話0952(28)8333。

【近 県】

 ◆古賀政男記念大川音楽祭

 (5日12時、大川市文化センター大ホール)民謡、一般歌謡、古賀メロディー各部門のコンクールに続いてジェロ、はやぶさのゲストステージが楽しめる。全席指定でA席3000円、B席2500円。電話0944(86)4133。

【告知板】

 ◆佐賀っ子集まれ! ボーイスカウト体験

 (12日10時、佐賀市富士町の県北山少年自然の家)園児から小学5年生を対象にキンボールや卓球バレーといった「ニュースポーツ」を体験する。参加無料。保護者同伴。申し込み・問い合わせはボーイスカウト佐賀3団事務局、電話090(4481)0747。

 ◆絆ネット無料相談電話

 絆ネット(生活総合支援ネットワーク佐賀)では、生活上困難を抱えた人々に対し、生活保護、借金の返済などの電話相談を受け付ける。▽佐賀市・生活総合支援ネットワーク佐賀=毎月第2火曜日18~20時、電話0952(22)6284。

このエントリーをはてなブックマークに追加