佐賀市は、富士町の旧富士南小跡を分割し、社会福祉法人「富士福祉会」と、有償で賃借しているアルミ製農業資材製造業「アルミス」(鳥栖市)に売却する。

 市財産活用課によると、旧富士南小跡は約1万8千平方メートル。このうち、北側約3分の1を富士福祉会に、南側3分の2をアルミスに売り渡す。今後、測量して売却価格を決める。跡地全体で2千万円程度になる見通し。富士福祉会は用地取得後、保育園を開園する。

 富士南小跡を巡っては、市がアルミスへの売却方針を表明後、地元から住民が利用できる活用策を求める声が上がり、市が売却を一時凍結した経緯がある。市財産活用課は「自治会からの要望も受け、企業側も分割売却案を承諾した」と説明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加