トークショーで、良好な対人関係を築くこつなどを紹介した茂木健一郎さん=佐賀市白山のエスプラッツホール

■小説や映画、気配り学べる

 脳科学者の茂木健一郎さんのトークショー(佐賀新聞文化センター主催)が29日夜、佐賀市白山のエスプラッツホールで開かれた。職場やプライベートで良好な対人関係を築くこつを紹介し、約120人が科学的知見も交えた軽妙な語り口に聞き入った。

 茂木さんは「相手の心は分かると思いますか」と問題を投げ掛け、小津安二郎監督の映画「東京物語」などのシーンをもとに気持ちのすれ違いや分かち合う難しさなどを解説した。他人の心を推し量ったり自分と重ね合わせたりする脳の特徴にも触れつつ、「相手の気持ちを一生懸命に考え、関係を大切にすることがより良い接し方につながる」と強調した。

 「相手の気持ちを読み取る方法は」という聴講者からの質問に、茂木さんは「小説や映画を楽しむのも効果的。人の振る舞いから気持ちを理解するなど、きめ細やかさを引き上げることができる」と答えた。

 トークショーは11月28日にも開かれる。問い合わせは佐賀新聞文化センターエスプラッツ教室、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加