北上する梅雨前線の影響で、西日本を中心に各地で29日深夜から30日にかけ大雨が降った。長崎県壱岐市で30日朝までの24時間雨量が、平年の6月1カ月分の1・5倍を超える432・5ミリに達するなど、局地的な豪雨になった地域も。気象庁は7月1日夜まで、西日本と東日本の日本海側を中心に大雨への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、前線は活発な状態で対馬海峡から西日本、東日本を通って伊豆諸島付近へ延びており、北上して2日にかけて山陰沖から北陸、関東北部に停滞する見通し。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加