「抱く県、佐賀」に登録されているCSOかんざき神幸館の吉原俊樹さんと抱擁する間寛平さん=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 お笑い芸人の間寛平さんを招いた「抱(いだ)く県、佐賀」の観光キャンペーンイベントが2日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀であった。間さんはまちづくりの仕掛け人らと歓談し、抱き合ったりするなど交流した。

 交流会には「抱く県」に登録された約30人が参加、間さんと抱擁したCSOかんざき神幸館の吉原俊樹さん(54)は「寛平さんに元気をもらった」と喜んだ。

 交流会に先立ち、間さんは県庁で山口祥義知事と会談、「アヘッ」などおなじみのギャグで場を和ませ、「抱く県」にちなんで知事と抱き合った。昨年12月の関連イベントで所属事務所のタレントが謹慎で参加を見送ったことに触れ、「後輩がすんません」とわび、「桜マラソンに参加したことがあり、佐賀には愛着を持っている」と笑顔で話した。

 「抱く県、佐賀」はスマートフォンの通信アプリ「LINE」(ライン)を活用する県の観光プロモーション事業。間さんは3日、「抱く県」登録者11人を訪ね、佐賀市の副島硝子工業では肥前びーどろの制作も体験する。

このエントリーをはてなブックマークに追加