トヨタ紡織九州-トヨタ車体 開幕戦で今季初ゴールを決めるトヨタ紡織九州の金東喆選手=愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷

 第42回日本ハンドボールリーグは26日、愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷などで開幕した。男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は昨季3位のトヨタ車体(愛知県)と激しい点の奪い合いの末、27-27で引き分け、上々の滑り出しとなった。

 トヨタ紡織九州は前半、新加入した韓国代表の司令塔・金東喆(キムドンチョル)選手を中心に得点を重ねて14-14で折り返すと、後半も速攻などで点を奪って先行した。終盤に相手の猛攻に遭ったが、粘り強い守備ではじき返し、逆転を許さなかった。

 トヨタ紡織九州のホーム開幕戦は9月2日で、午後3時から神埼市の神埼中央公園体育館で琉球コラソン(沖縄県)と対戦する。

★電子新聞に複数写真 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加