日本の人気アニメにゆかりの地を観光資源として活用し、訪日観光客の誘致促進を目指す「アニメツーリズム協会」は26日、国内外アニメファンの投票を参考に選んだ「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」を発表した。88カ所の選定は初めて。四国八十八カ所の巡礼にちなんだ。

 アニメ作品の舞台、モデルになった場所や、漫画家らの記念館などの施設を有する自治体の中から選ばれた「聖地」は、昨年の大ヒット映画「君の名は。」のモデルとされる岐阜県飛騨市や東京都新宿区、「ユーリ!!! on ICE」の唐津市、「サマーウォーズ」の長野県上田市、六つの作品・施設に関係する京都市など。

 「君の名は。」の聖地には昨年から多数の“巡礼者”が訪れ、注目された。今回の選定では、アニメとの関わりを生かして観光客を呼び込んだ自治体の実績も、評価の対象となった。

 同協会の会長には「機動戦士ガンダム」などを手掛けたアニメ監督の富野由悠季さんが就き、出版大手KADOKAWAや、JTB、日本航空の役員らが理事会メンバーを務めている。

 富野会長は「アニメを出発点にして、(土地のことを)幅広く知ってほしい。観光地(聖地)の渋滞をどうするか、ということも考えていかなければいけないと思う」と話した。

 作品、施設の詳細や自治体との関連性については、アニメツーリズム協会のホームページで確認できる。アドレスはhttps://animetourism88.com/ja【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加