その水は、息をのむほど透明だった。岩手県の鍾乳洞「龍泉洞」で初めて見た地底湖は、どこまでも透き通っていた。青い水をたたえた地底湖は最も深い場所で水深98メートル。真夏なのに気温は10度ほどしかない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加