慶長元(1597)年、京都から長崎に向かう二十六聖人(キリスト教徒)一行は、唐津市魚屋町にある木屋利右衛門屋敷内の船着き場から上陸しました。豪商だった利右衛門は彼らを厚遇したと伝えられています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加