春の一般公開が始まった九年庵。モミジの若葉が庭園内に広がる=3日午前、神埼市神埼町

 国の名勝に指定されている神埼市の「九年庵」の一般公開が3日、始まった。大型連休後半スタートとあって多くの観光客らが詰め掛け、まばゆい新緑と静寂に包まれた庭園の雰囲気を味わった。5日まで。

 約6800平方メートルの庭園にイロハモミジなどの木々が広がる九年庵。来場者は邸宅の縁側に腰を掛けて、写真撮影をしたり、涼んだりと時間を忘れてゆっくり過ごしていた。

 春の一般公開は今年で8回目。佐賀市から夫婦で訪れた会社員の田中建二さん(51)は「紅葉の時期とは表情が違い、新鮮な空気が気持ちいい。ここは雑音がなくてぜいたくな空間ですね」と満喫していた。

 開園時間は午前8時半~午後4時。高校生以上は美化協力金300円が必要。駐車場は仁比山公園駐車場(有料)がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加