鳥栖-神戸 前半8分、相手DFと激しく競り合う鳥栖FW田川(手前)=神戸市のノエビアスタジアム神戸

 JリーグのYBCルヴァン・カップ1次リーグ第4節は3日、兵庫県神戸市のノエビアスタジアム神戸などで6試合があり、B組のサガン鳥栖はヴィッセル神戸に0-1で敗れた。鳥栖は2分け1敗(勝ち点2)で、順位は変わらず5位。

 鳥栖は前半終了間際に1失点。後半に攻撃のリズムをつかみ、決定機を何度もつくったが、決め切れなかった。

 前半は神戸に主導権を握られ、中盤の選手にボールを回される場面が目立った。前半43分、中央突破から神戸MFウエスクレイのシュートのこぼれ球を押し込まれ、先制を許した。

 後半は鳥栖のペース。流動的にポジションを変えながらDF吉田、途中出場のMF水野らがクロスを供給して打開を図った。ロスタイムには吉田の左クロスにFW趙東建(チョ・ドンゴン)が頭で合わせたが、得点できなかった。

 第5節は10日、6試合があり、鳥栖は午後7時から広島市のエディオンスタジアム広島でサンフレッチェ広島と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加