厚生労働省は30日、仕事が原因でうつ病などの精神疾患にかかり、2016年度に労災認定されたのは498件で、1983年度の調査開始以降、最多だったと発表した。このうち過労自殺(未遂含む)は84件。仕事による脳・心臓疾患の労災認定は260件で、うち死亡したケース(過労死)は107件だった。

 過労自殺には、昨年9月に労災認定された電通の高橋まつりさん=当時(24)=も含まれる。政府は今年3月、電通の違法残業事件を受け、残業時間の上限規制などを盛り込んだ働き方改革の実行計画をまとめ、関連法の改正案を秋の臨時国会に提出する方針だ。

 精神疾患の労災申請件数も最多の1586件になった。厚労省の担当者は「電通事件を機に、業務上の精神疾患も労災の対象になることが広く知られるようになり、申請者が増えたのではないか」と分析している。

 労災認定の内訳は、精神疾患の原因で「嫌がらせやいじめ、暴行」が74件と最多。「仕事内容や量の変化」が63件、「2週間以上にわたる連続勤務」も47件あった。年代別では、40代が144件と最も多かった。

 脳・心臓疾患は月80時間以上の残業が大半で、160時間以上も17件あった。働き方改革の実行計画では、残業の上限を「月100時間未満、2~6カ月平均で80時間以内」としているが、80時間未満で労災認定されたケースが14件あった。

 業種別では脳・心臓疾患でトラックやタクシー運転手など自動車運転従事者が89件と目立った。精神疾患は介護や医療関係者が多かった。

 厚労省は裁量労働制の対象で労災認定された数字も初めて公表。11~16年度の6年で61件になり、うち過労死や自殺(未遂含む)は13件あった。

 残業の上限規制を巡っては「過労死ライン」を越えているとして、過労死遺族が引き下げを求めているほか、自動車運転業務や建設、医師の適用が5年間猶予され各業界から反発が出ている。

 佐賀では、精神疾患の労災申請が7件で、認定されたのは5件(うち過労自殺0件)。仕事による脳・心臓疾患の労災申請は7件で認定は3件(うち過労死2件)だった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加