<左様(さよう)ならが言葉の最後耳に留(と)めて心しづかに吾(われ)を見給(みたま)へ>。大正から昭和にかけて活躍した歌人、松村英一の最後の一首である。時に90歳。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加