川崎戦に向けたミニゲームでMF小川のシュートを止めにかかるDF吉田(右から2番目)=鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第2節の5日午後5時から、神奈川県の等々力陸上競技場で川崎フロンターレと対戦する。昨季年間勝ち点2位の強豪を相手に、今季初勝利をつかみたい。

 鳥栖は開幕戦で柏に1-3で敗れた。前半にMF原川がFKを直接決めたが、PK2本を許すなど後半に3失点。フィッカデンティ監督は「キャンプなどを通して準備してきたことは表現してくれた」と振り返ったが、GK権田は「チームとして改善すべき点が多い状況」とも指摘する。

 こうした中で、川崎戦に向けて今週はサイドからの攻撃展開やコンビネーションを確認してきた。監督は川崎を「いいサッカーをし続けている」と評し、対戦については「受け身ではなく、自分たちがボールを持っている時間を多くしたい」とイメージする。

 川崎は大宮との開幕戦で主力がしっかり結果を残した。FW小林悠がCKを頭で決め、MF中村憲も小林のパスに合わせて得点、2-0と快勝した。MF家長やMF阿部など能力の高い選手が加わり、細かいパスワークに磨きがかかっている。

 攻撃力のある相手に対し、鳥栖は守備の立て直しもポイントになりそうだが、MF高橋は「組織で守りながら、個々でも負けないようにしたい」と意欲。権田は「相手どうこうより、自分たちのやるべきことをやるだけ」と気持ちを高める。

このエントリーをはてなブックマークに追加