第37回国体九州ブロック大会は27日、長崎県の諫早市中央体育館などで6競技があった。

 佐賀県勢はバレーボールの成年女子(久光製薬スプリングス)がグループ戦3戦全勝で本大会代表権を獲得。ラグビー成年男子は決勝トーナメントで大分と熊本を破り、本大会出場を決めた。

 バドミントンは成年男子が決勝で熊本に敗れたが、第2代表決定戦で鹿児島を下し本大会へ。同女子も第5代表決定戦で沖縄を下して本大会出場を決めた。

 ホッケーは少年男子が決勝で熊本を5-2で下し、代表権を獲得。同女子は長崎との決勝で1-1と譲らず、シュートアウトの末に惜しくも敗れ本大会を逃した。

 体操は成年女子と少年の男女が本大会代表となり、クレー射撃(成年スキート)も本大会を決めた。

 =ホッケー=

 ◇最終日

 【少年男子】

 ▽決勝

佐   賀 5-2 熊   本

(佐賀は本大会出場)

 【少年女子】

 ▽決勝

長   崎 1-1 佐   賀

   (SO7-6)

 =ラグビー=

 ◇最終日

 【成年男子】決勝トーナメント1回戦 佐賀33-14大分

 ▽代表決定戦

佐 賀 22-19 熊 本

(佐賀は本大会出場)

 =バドミントン=

 ◇最終日

 【成年男子】

 ▽決勝

熊 本 2-0 佐 賀

 ▽第2代表決定戦 佐賀2-1鹿児島=佐賀は本大会出場

 【成年女子】第5代表決定戦 佐賀2-0沖縄=佐賀は本大会出場

 =クレー射撃=

 【成年スキート】(3)佐賀239点=本大会出場

 =バレーボール=

 ◇最終日

 【成年男子】グループ戦続き 熊本2-0佐賀

 ▽順位 (4)佐賀3敗

 【成年女子】グループ戦続き 佐賀2-0長崎

 ▽順位 (1)佐賀3勝=本大会出場

 【少年男子】グループ戦続き 長崎2-0佐賀

 ▽順位 (4)佐賀3敗

 【少年女子】グループ戦続き 鹿児島2-0佐賀

 ▽順位 (4)佐賀3敗

 =体操=

 【成年男子】(3)佐賀(長野鉄生野口将貴、大村竜、小畠廉生、二又慎太郎)315・200点

 【成年女子】(1)佐賀(北村知穂、小畠彩夏、川嶋彩花、長彩花、石松奈珠)209・200点=本大会出場

 【少年男子】(4)佐賀(手島克、平田藍吏、財部雄太、原一総、岡崎真士)290・200点=本大会出場

 【少年女子】(1)佐賀(橋本愛彩、社家間楓花、野口祐美賀、北村果穂、社家間由希)206・200点=本大会出場

このエントリーをはてなブックマークに追加