沖縄の南海上で1日午前に発生した台風12号は、勢力を強めながら北寄りに進んだ。2日には暴風域を伴って奄美地方に接近し、3~4日にかけて強い勢力となり九州を中心に西日本に接近し上陸する恐れがある。気象庁は暴風や高波、土砂災害、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 台風12号は1日午後9時現在、南大東島の南西約150キロにあり、時速20キロで東北東へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径130キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 2日にかけて予想される最大風速は、奄美25メートル、沖縄20メートル。

 台風の接近によって、2日は奄美を中心に非常に激しい雨が降り、3~4日は九州を中心に大雨となる恐れがある。2日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で奄美100ミリと見込まれている。

■佐賀県内はあす夜強風域の恐れ

 勢力を強めながら九州へ北上している台風12号が予報円の中心を通った場合、佐賀県内は3日夜、風速15メートル以上の強風域に入る見通し。大荒れの天気になる恐れがあり、佐賀地方気象台が警戒を呼び掛けている。

 県内が3日夜、強風域に入れば、翌4日の明け方にかけて最接近する恐れがあるという。2日は、気圧の谷や湿った空気の影響で雷を伴った雨が予想されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加